351 「足るを知る」

2022/03/01

こんにちは〜

 

今日から3月!早いですね〜

今日は暖かいようですが、明日からまた寒いとか。体調にはお気をつけくださいね〜

 

昨日はお休みでしたが、荒木町「たまる」さんであんこう鍋をいただきました。

 

あれ、今って令和だったよね??的な、相変わらずノスタルズィーな感覚になる空間です。

こちらは9月〜3月いっぱいはあんこう鍋、4月〜8月は穴子料理、というお店です。

 

穴子の時に1回、あんこうの時は今回で3回目です。

前回は大将が「あー、お前は、確か、あれだろ、杉大門のとこで(前のお店)店やってるやつだろ?」という感じで覚えててくださったのですが、1年半ぶりにお伺いしたこともあり、残念ながらカンペキに忘れ去られてました涙

 

いつも品書きが黒板に書かれてましたが、今日は、、あれ?品書きが無い。

黒板の脇に「あんこう鍋」と「新たけのこ」と貼り紙がされているだけです。

女将さんにビールを注文。もちろんお酒のメニューなんかはありません。

ビール=サッポロ赤星中瓶

酒=菊正(たぶん)の燗、のみ。

あと、飲めない人用に冷たい緑茶もあるみたいです。

 

間違っても「ワインください」とか、「お酒は違うのなにかありますか?」言ったらだめです。

 

女将さん曰く、「品書きはめんどくさいから書くのやめたの。ウフフ」

 

相変わらず可愛いぜ。

 

今日あるものをお伺いし、

ヒラメ昆布締め、たけのこ、ぬた、煮凝りをお願いします。先付けは牡蠣の南蛮漬けと、胡瓜の酢漬けです。

 

ヒラメは肉厚で、塩梅のよい昆布感。良い昆布を使われていることが分かります。

たけのこは甘辛煮です。江戸のお料理、という感じがします。自分ではまずやらない仕立てです。ぬた、と一言でしたが、柔らかく煮たアワビと分葱のぬたでした。最高に美味いです。

煮凝りは穴子。ゼラチンを少し足して、しっかりとした食感。味付けもしっかりなので、ちびちびやるのに最高です。

 

頃合いでお鍋が運ばれます。

野菜は白菜、葱、焼き豆腐、椎茸、ウド。ウドも煮ると甘くて美味しいすね〜

つまみの味から一転、鍋のお味の優しいことよ。

 

鍋中盤で、そういえば、あん肝あるかな?と思い、勇気を出して聞いてみたら、アリマシター!!

しっとり柔らか仕上げです。

蒸しではなく、炊きですね。

薄めに甘く味付けされてます。

聞いてみて良かった!

 

そしてこちらシメは雑炊ではなく、炊き立てご飯に鍋の残り汁をかけるスタイル。

ご飯の加減がまた最高なんです。

漬け物も旨しです。

汁かけ飯のあと、ご飯おかわりお願いしましたら、先ほどの役目を終えた昆布が細く刻まれ、味を付け直されて再登場!ごはんのおかず&酒のツマミに最高です。

 

欲を言えば、私も今回の連れのY氏も食べる方なので、鍋おかわりしたかったです。

私「鍋もう一杯いけますね」

Y氏「そうですね、食べれますけど、足るを知る、ですよ」

 

「足るを知る」

遅ればせながら2022年のテーマが決まった瞬間でした。

 

基本ピリついた雰囲気の大将ですが(マァ実はたぶんそんなことはない)ほんわりした女将さんのおかげで、お店の雰囲気が中和されてます。

御年81歳。

出来るだけ長く、お元気でお店に立ち続けていただきたいと思います!

次回は夏の穴子の時に!!

(覚えててくれたら嬉しいなぁ、、)