219 まさかの第2話

2019/05/27

さっきの予定と違い過ぎてビビったので、初の1日2話更新

まず

行くはずの「蕎麦切り翁」がまさかの休み、、、

えっ、、まじ?

完全に蕎麦舌なんですけど、、

どうしよ、、

かわせみ、もいいけど、天ぷらがちょっとなぁイマイチだし、、

寿司?ピザ?

いや、今日は絶対蕎麦や!

ということで五反田「倉一」なう。

創一さんでは初の昼呑みの試み。

嫌がられるかな?

大丈夫そうです

そしていつも思うこと

ランチの人にまぎれて、酒を飲むことが、とても肩身がせまい。。。

どう考えても、売り上げ単価は高いので、堂々としていいはずなんですけどね。

なので、カウンターの端で、気配を出来る限り消して、酒を飲んでます。

14時の業者も、めんどくさくなっちゃったのでリスケしたし、小物も買えなかったし、注文したはずのワインも、品切れって言われるし、

アマゾンで見つけたワインクーラーとデキャンタを嫁さんに注文して※嫁さんがプライム会員なので

と頼んだだけなのに何故かキレられるし、、

おもしろいですねblush

おもしろいついでに

昨日、前職で少し一緒に働いていた、モッチーが、モッチーの会社に入ったばかりの静岡出身の21歳の若い子を連れて来てくれたんですが、私「やっぱり、将来的には自分でお店やりたいとかあるの?」若「いやー、そう思っていたんですけど、やっぱりそれって、けっこうリスクあるじゃないですか?」若「このお店やるのって、やっぱり大変でしたか?」

私「、、、現在進行形で大変ですよ。」

え、ラスク??いやリスク。。私は思うに、生きてること自体がリスクですよ。

なぜか

歩道を歩いていても、青信号を守っていても、クルマが突っ込んでくるかもしれない。

歩いてていきなり道が抜けるかもしれない。カミナリが頭に落ちるかもしれない。数秒後に大地震が起きるかもしれない。

じゃあ部屋にこもってればいいか?天井が落ちてくるかもしれない。

いずれも限りなくゼロに近いが、ゼロではない。

生きてるだけでリスク。

お店やるのがリスク?会社にいればノーリスク?

若「会社で上にあがって、お店一軒任せてもらえるようにしたいです!」

いまそういう形態増えてます。

独立「風」と私は呼んでいます。

表ではオーナーシェフっぽくしてるけど、実際は会社経営。ただ、好きなものを仕入れられて、好きな料理、好きな酒、自分の色も出せる。責任売り上げはあるでしょうが、給料は決まった日にちゃんと出る。

会社は人が辞めずに店舗展開でき、雇われのひとは好きな事ができ、安定もある。ウィンウィン。否定はしません。若もそこを目指して頑張っている。

頑張れ、とは思うけれども、一生相容れないだろうなぁー。

なにが正しいということではないですが

やはり身を削って、自分でお金借りて、借金返しながら頑張ってる人にしか分からないことがある。

そういう人にしか本当の本音は見せられない。

いきなりアル中で死ぬかも知れない。

そんなリスクを背負いながら

今日も酒をのんでいます

やがて男は

静かに眠るのでしょう