156 数字のあれこれ

2018/11/24

お店をやるにあたり、どの場所で、どれくらいの大きさで、どれくらいの客単価でどんな商品をどれくらいの原価をかけて売り、どれくらいの利益を出したいのかを決めます。あとはどういったスタイルで、どんなお客様に来て欲しいのか。

自己資金はいくらで、いくら借り入れるのか?

私の例ですが、まずお金はありませんでしたcrying

条件は一人で回せる大きさで、客単価はどんなに食べて飲んでも1万円でお釣りを渡せること。

お客様は40代中心の落ち着いた雰囲気にしようと思いました。

一人で回せる=人件費がかからない=その分食材やお酒に原価をかけられます。

飲食店の三大経費は原価、人件費、家賃ですが、うちは家賃が安い。といっても坪単価は普通ですが、坪数の割には席数が取れたので比率的に安くなりましたyes

人件費もない。よって原価をかけられるということは売値の割に安い!と感じてもらえるということです。

そこがミソです。安すぎてもいけません。怪しくなってしまいます。値付けも私は基本的に原価からは決めません。これは個人店の強みです。チェーン店などの会社経営では、商品1つごとに仕入れ原価なら売値を設定し、細かく出数を取ります。

出来上がってお客様に提供した時に、自分ならその値段で納得するか?が基準です。もっと言えば、来店してから2、3時間飲食してお会計、して、え、この金額でいいの?と思っていただきたい。なぜなら、例えば同じお客様が月に2万円使っていただけるとしたら、一度に2万円ではなく、1万円を2回、もっと言えば5千円を4回の方が有難い。

その分お店のことを思ってもらえて、今日はあそこに行こうという回数が増えた方が嬉しいからですsmiley

そんなこんなを去年物件を探しながら考え、コーヒー中毒に陥り嗚咽を繰り返しながらもなんとか形にできたお店が一年を迎えます。ありがたやありがたや。m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

思ったように出来ていることも少しはありますが、もっとこうしたい!と思うことの方が全然多いです。まだまだ伸びしろたくさんあります。

日曜にお客様への感謝を込めて周年イベントします。もしお時間ございましたらお気軽にお越しください!時間によってはワチャワチャするかも知れませんが、それも含めて一緒に楽しめればと思いマス!

本日通常営業後に寝ないで仕込み予定〜

では